とある部長のミニカービガク

ミニカーの魅力をのんびり気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】 Tomica Limited Vintage NEO LV-N224b - Toyota Chaser 2.5 Tourer V(Dark Green)

Sponsored Link

こんばんは、ぶちょうです。

ダークグリンマイカPIOの100系チェイサ―TLVから上陸。

色鮮やかなダークグリーンがシブい100系チェイサー

https://i.imgur.com/LDRRuD9.jpg

ダークグリーンマイカPIOなるチェイサーにあてがわれたボディカラー。ツアラーVの心臓である1JZとは裏腹にどちらかと言うと落ち着いた雰囲気をどことなく醸し出すカラーリングですが、そのカラーリングの美しさももちろん、メーカーオプションエアロ装備でフツーのノーマルより迫力のあるフォルムに仕上がっているのが特徴です。

ユーザー取り付けでサンルーフバイザーのほか、リアスポイラーの装着も出来るようになっており、当時新車で販売されてた様々なメーカー仕様を自由にチョイス出来る楽しみがあります。それは中々にボリューミー。

https://i.imgur.com/VtCnMra.jpg

例によって取り付けパーツを着けないままで撮ってますが、素の状態でも100チェの面影をキッチリ感じれるプロポーション。オプションパーツが着いた設定ですが、主はフロントからリアにかけてスッキリと。その分ボディの重厚感には差があり、オプションフルエアロが欲しかったと思うことも。割といつか出てほしい。

ダーク系のカラーだけあり、ウィンドウモールの塗分けが目立ちますね。

https://i.imgur.com/e5Oghw4.jpg

ウインカー廻りが上に来た後期テール。部品の透明度もさることながらその配分も良好かと。エンブレム関係はタンポを使っての再現、マフラーはサイレンサーまでが彩色。

https://i.imgur.com/fgBFQ41.jpg

エアダム付きの純正オプションバンパーとグリルを備えたフロントビューはスポーティ。手間だけどリアスポイラーを着けると全体像がまとまりやすくなりそう。

別パーツのヘッドライトにはウインカーの塗分けに加えランプ間の仕切りを設けてチェイサーの目つきをリアルに表現。

https://i.imgur.com/P1pDNUD.jpg

サンルーフ付きの100チェっていうのも珍しい。

https://i.imgur.com/TMDh83f.jpg

純正5スポーク。後発のマークIIではスポークの曲線がもう少し強調されていましたがこちらはその前という事もあり見た目としては平坦な感じ。

https://i.imgur.com/THrnkvd.jpg

外箱はこちら。

通常価格は2860円(税込)。

 

スポーティに舵を切るもよし、飽くまでラグジュアリーに攻めるもよし

https://i.imgur.com/zLjm7mq.jpg

リアスポイラーを着ければスポーツ重視なルックスに仕上げる事も、そこにサンルーフバイザーも交えてオプション装備充実の仕様を作るもOK、方向性の派生が多岐に渡るモデルというのが魅力的でしょう。ダークグリーンのボディが映える1台であるとともに、カスタマイズが捗ること間違い無し。

https://i.imgur.com/h5AoUUG.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事も読みに来てくださると嬉しいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。