とある部長のミニカービガク

64スケールのミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】 Peako64 1/64 Apollo Automobile Apollo IE (White)

Sponsored Link

さぁ来ました新興ブランド! というわけでこんばんは、ぶちょうです。

今日はPeako64という新ブランドからアポロIEをご紹介。

https://i.imgur.com/4dX2Neg.jpg

筆者にとっても上陸を楽しみにしていたPeako64、早速インプレしてみましょう。

まず何といっても、アポロIEという奇抜を究めたマシンデザインの完璧なる再現。

鋭い形状をしたエアアウトレットやフィンをはじめ、

Peakoの技術力が惜しみなくモデルに吹き込まれた熱い意気込みを感じさせる一台。

しかし相応にコストも、ヤバい(詳しくはページ下へ)

なお当モデルは「レジン製モデル」となります。

実際に手に取ってみると、ヒンヤリ感ある手触り・重量感は全く無い事に気づきます。

これは元々Peako自体がそっち路線のブランドゆえというのも一理。

https://i.imgur.com/rL9Sj4R.jpg

限界まで下げられた車高とシャープな形だらけで構成された車体を巧みに表現。

この表現力はやはりモデル成型の自由度に勝るレジン製モデルによるものか。

全体的にドア廻りのモールドなどの彫り込みに置ける面は薄めでフラットな印象です。

https://i.imgur.com/8QlNNCY.jpg

ルーフから繋がるシャークフィンと2ヵ所のステーで固定された大型ウイング。

個体差によるものと思いますが片側が上がり気味なのは気になる。

パガーニなどに影響を受けてのものか3連センター出しマフラーはエッチングパーツ、

テールランプやリヤフォグはメッキ調の彩色施した別パーツを以て再現としてます。

ここからでは見えてませんがドアミラーの鏡面処理もバッチリ。

https://i.imgur.com/sWIgbC2.jpg

花開きマフラーと言い、にしてもエグいリヤビューです。

https://i.imgur.com/Zzha0SI.jpg

やたら細いヘッドライト廻りもメッキ調のパーツを使っています。

どこまでも空力を意識させんデザインの表現力をあらゆる視点から堪能出来ます。

https://i.imgur.com/72N6K5Z.jpg

ルーフ視点から。内装の一部分がものすごく印象的。

フロントフェンダー上部にそびえるエアアウトレットも立体的な造りでイイですね。

https://i.imgur.com/eRdvqSW.jpg

シャーシは非常にシンプルながら、随所に設けられた整流板までも再現。

シャーシ面にしてもどことなくレジン製らしい面影を残しています。

https://i.imgur.com/PbCVSDA.jpg

https://i.imgur.com/5OVkk3V.jpg

リム廻りを赤く塗装した特徴的な形をしたセンターロック式5スポークを装備。

ここまでのクオリティに次ぎブレーキキャリパーやローターも無論彩色済みです。

https://i.imgur.com/Ubg5Mey.jpg

https://i.imgur.com/qPCKBGo.jpg 

全体真っ赤に染まったシート周りと・・・

なんとメーターパネルとして機能する液晶パネルが再現されています!

とうとうINNOに続きメーター関連の表現を始めたブランドが登場し始めてきました。

そのままでは気づきにくいんで、照明とかで照らしてみることをオススメします。

https://i.imgur.com/srQh4KZ.jpg

https://i.imgur.com/jJw8Xcl.jpg

https://i.imgur.com/mzf5aSn.jpg

https://i.imgur.com/6UNKOAi.jpg

シンプルなデザインと背面にはアポロIEのスケッチが描かれたパッケージ。

台座は2ヵ所留め+ゴム製ワッシャでモデルを固定してあります。

そして気になる価格はなんと・・・7560円(税込)。

 

大事なコトだからもう一度言います。

 

 

通常価格7560円(税込)です。

もう43スケール買えちゃいます。

https://i.imgur.com/rlPOAus.jpg

レジン製モデルとして64スケールの世界にノックを入れてきたPeako。

その申し分無いクオリティは言うまでもありませんが、

同時にもはや64スケールに出せるコストの範疇を越えた破格の価格設定は、

間違いなく見た人ほとんどをまずサイフの手持ちを確かめさせることでしょう。

VeilsideFDやシート・トランクにギミックを付けたヴェルファイアなどを展開予定の、

Peakoの今後の動きには要注目というところですね。

https://i.imgur.com/tmaugew.jpg

https://i.imgur.com/gX7dESI.jpg

それでは今日の実車話を・・・

そもそもアポロIEを製作している「Apollo Automobile/アポロ・アウトモビリ」とは?

その前身はかつてグンペルトとして2000年代後半「アポロ」で名を挙げたメーカー。

しかしグンペルトは2013年経営破綻となってしまい、

それらを経て香港企業からの出資を受け新しい経営母体の元「Apollo Automobile」、

これを以て経営再建が成されアポロの後継車種などを輩出していく事になります。

https://i.imgur.com/jLrghlJ.jpg

そして2018年、アポロはあるハイパーカーをリリースしてきました。

それこそがこのアポロIE(インテンサ・エモツィオーネ)。

インテンサ・エモツィオーネ「激しい感情」を意味するこのマシンは、

何にも似ない独自の2文字がピッタリと当てはまるホントに特別な存在。

あらゆる面で吹っ飛んでるマシンですけど、パッと見で少なくとも分かる事は、

これはあまりに常軌を逸したデザインを持つマシンだというコトです。

https://i.imgur.com/0950grI.jpg

アポロIEは搭載されたエンジンも超逸品級。

6.3リッター自然吸気のV12気筒エンジンは最大出力780馬力を叩き出し、

0-100はわずか2.7秒台に到達、330km/hにも上る最高速をマークするスペック。

そして何より、9000回転まで回るそのエンジンから轟かせるエンジン音は、

美しくも芯のある聴く者目にする者の腹に間違いなく響き渡るもの。

ターボやハイブリッドシステムを介さない純粋たるNAエンジンの為せる業です。

そんなエンジンに組み合わさるミッションはパドルシフト付き6速シーケンシャル。

https://i.imgur.com/c4u3hZc.jpg

https://i.imgur.com/Zj31rO0.jpg

内装面ではオーナーの体格に合わせて型を取り、オーダーメイドで作成されるシート。

これをハンドルとペダルポジションの調整を用いてドライブポジションを決定。

カーボンファイバーシェルをまとったそのコックピットを基に、

10人のオーナーへのワンオフが織り込まれていくのです。

更にはメーターパネルに液晶ディスプレイ、天井にはタッチパネルが用意され、

空調設備から室内のLED照明まで多くの装備を調節する事が出来ます。

https://i.imgur.com/UbsH5p2.jpg

そんなアポロIEの価格はなんと3億円!

わずか10台しか生産されなかったハイパーカーの文面に違わない内容であり、

どうみてもサーキット専用級の走行スペックが盛り込まれたマシンに思いますが、

 

このクルマ、公道走行可能なようです。w 

 

全てが吹っ飛んでいるマシン、アポロIE。

しかしその芯にはオーナーに心の底からの刺激を与えさせようとせん、

アポロ現オーナー、ノーマン・チョイの考える真髄がその内に秘められているのです。

https://i.imgur.com/YEkQ03o.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んでいただきありがとうございました。

いよいよPeakoの上陸が始まり、最近ではまたしても新しいブランドが列挙。

64スケールモデルの勢いはまだまだ続いていく事は言うまでもありません。

次回の記事も読みに来てくださるとうれしいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。