とある部長のミニカービガク

64スケールのミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】Hotwheels Nissan Skyline GT-R (R33/Purple)

Sponsored Link

こんにちは、ぶちょうです。

 

今日はホットウィールから紫の33Rをご紹介。

リリースから少し間が空きましたが、何とも塗装の仕上がりが良いんです。

 まずはパッケージの表面から 裏面は青33Rの方でアップしてあります

https://i.imgur.com/pUWuhVo.jpg

イラストCGは純正に割と寄せたスタイルです。

https://i.imgur.com/aOeuI0P.jpg

それでは本体のご紹介に入ります。

基本的には初めて33Rがリリースされた青いボディカラーの方と同じ。

しかしミッドナイトパープル(略MNP)を模した紫のカラーリングによって、

より車体のシャープさが際立つ印象を受けます。

33RとMNPの組み合わせはやはりハズレがありません。

https://i.imgur.com/fBQYW5R.jpg

何よりもこの発色のキレイさに目が行ってしまいます。

青33Rの時もそうでしたが、ちょっと多いくらいのフレークの入りが逆にキレイで、

ツヤの出方ともに美しい見映えを持ち合わせています。

ドアをはじめとするモールドの彫りは浅いしドアミラーも付いて無いけど、

クオリティとしては必要十分なレベルと言えるでしょう。

https://i.imgur.com/tafNhbL.jpg

ブレーキランプやエンブレムのタンポ印刷も青33Rからしっかり継承。

アーチ状リヤスポイラーの隙間が空いてるのがより見映えを引き締めています。

バンパー下部にも砲弾マフラー、重厚感ある仕上がり。

https://i.imgur.com/1RPqZkR.jpg

ヘッドライトのタンポ印刷もリヤのテールランプと揃って引き継がれていますね。

実は今回MNPをチョイスした理由はココが関連してまして、

別のカラバリで出た赤い33Rだとなぜかヘッドランプが表現されてないのです。

現状出てる33Rのラインナップとしてはその事も影響してか、

青33Rやこの紫33R、今ならワイスピアソートの33Rが人気ありそう。

フロントスポイラーに付くエアダムの存在感もさながら後期型33Rに装備された、

N1仕様ダクトが備わったいわば「N1バンパー」の形も上手に表現されています。

https://i.imgur.com/OASOexw.jpg

シャーシもリヤアクスルと砲弾マフラーが付いてるの含め変化はありません。

https://i.imgur.com/FJeYZHG.jpg

https://i.imgur.com/kVauM9W.jpg

ホイールデザインも青33Rと全く同じスタンダードな5スポーク。

この時点でもそこそこ見た目はイイ雰囲気出てくれてるんですが、

カスタムで更なるレベルアップを図るのも面白そうですね。

こないだ出たばかりのTE37っぽいホイールを履かせてみたり・・・

イメージしただけでもうカッコよさがにじみ出てきますw

https://i.imgur.com/klBz7YP.jpg

ホットウィールはこのしばらくでスカG関連のほとんどが登場しました。

あとは未リリース車種にはR31スカイラインくらい(?)が残ってますが、

ここまで来たらその内モデルを製作して市場へ投入する可能性もありそうですね。

マジでここ最近のホットウィール勢いハンパないですから。

https://i.imgur.com/ckGAbRL.jpg

せっかくですし今日の実車話は、いっとき日産のイチオシカラーともなっていた、

ミッドナイトパープル、略称MNPの話でもしてみましょうか。

紫色、それは車体をシャープに見せながらもどこか美しさを醸し出すボディカラー。

日産ではその紫という色あいを積極的に様々なクルマへ採用し、

それもあってか紫色の車体カラー名義を考えてみれば、

パッと思いつくのは「ミッドナイトパープル」なんて言っても良いくらいに、

ある種最も名の広まっている紫色と言うコトも出来るかもしれません。

https://i.imgur.com/62OvRzt.jpg

https://i.imgur.com/nJhDCQ9.jpg

そんなミッドナイトパープルはスカイラインGT-Rならばこの33Rへ、

このほかでは180SXやZ32でも選択可能なボディカラーでもありました。

実際に幅広い車種でチョイス出来たコトで確かに大きな名を持っていたMNPでしたが、

年を重ねるに連れ希少性が上昇、その後登場した34Rでは、

MNPを専用カラーとした限定グレードが同車発売記念の名目で登場。

Vスペック含め生産台数は300台限定と、その希少性を伺わせる数に留まっています。

なお34RにおけるMNPは見る角度で色が変わる「構造色」を用いた、

特殊な色彩を模している事でも知られていますね。

https://i.imgur.com/X7QayIh.jpg

https://i.imgur.com/UFZReep.jpg

34RでMNPⅡ、更にMNPⅢと、2色のMNPが誕生し、

そこからしばらく息を潜めていたMNP2013年突如復活を遂げます。

「ミッドナイトパープルⅣ」の名を持った新たなMNPは、

同社SUVマシン「ジューク」の限定パッケージ用カラーとして適用。

コチラでも生産数は300台限定でリリースされたようで、

その希少性は何年経っても失われる事は無かったのでした。

そして現在でも実際に巷で33Rや180SXを見かける事はあっても、

MNPを塗装した車体が今でも残っているケースはそう多くはありませんよね。

レアでありながら最も有名な紫色、それが『ミッドナイトパープル』なのです。

https://i.imgur.com/qUKXvku.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んで頂きありがとうございました。

こうやって33Rの記事書いてたらこの間のおもちゃカーニバルで先行して出てた、

ワイスピアソートの33Rも買っときゃ良かったかなぁなんて思い始めてたり。

量販店で売り始めるようになったらゲットしときますかね・・・w

次回の記事も読んで頂けるとうれしいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ 

 

それでは、また。