とある部長のミニカービガク

ミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】 Hotwheels Premium Modern Classics - Mitsubishi Lancer Evolution VI (Blue)

Sponsored Link

こんばんは、ぶちょうです。

HWのモダン・クラシックスシリーズより待望のエボVIが来ました!さっそく見ていきましょう。

カタログ色&ライトチューン風なスタイルはシブいの一言

https://i.imgur.com/TZU60Ra.jpg

今回のモダン・クラシックスシリーズの中でも筆頭の目玉商品と言えばやっぱりエボVIでしょう。まさかのCP型エボがこの時代に新しい金型で登場した事は単純に嬉しいものですが、実際のモデリングも昨今のHWが提供する安定感ある仕上がりを見せます。ただし細部を見ていくと気になる箇所もあるのでそこはまた追って。

採用カラーも当時のエボVIカタログ色「ランスブルー」をイメージしたものになっているのもポイントが高く、しょっぱなからエボVIの魅力を超凝縮。

https://i.imgur.com/Kgphl2T.jpg

見るからにワルそうなエクステリアを有するCPエボ。ホットウィールではその無骨さを良バランスな車高と共にこれを表現し、それはライトチューンな様子も垣間見せるもの。ドアパネルのそれなりクッキリしたモールドや、サイドマーカーのプリントも着いたディティール面の抜かりなさも注目です。

ただしエボVIのガワを知ってる人は薄々気づいているかもしれませんが、本来こちらサイドに着いていないバンパーのエアダクトがあるのは気になるところ。

https://i.imgur.com/V46C2on.jpg

当初の金型ではリアガーニッシュの成型もされていたのが実際の製品ではこれを廃止、これにより純粋なエボVIGSRの外見を拝むことが出来るようになりました。

エボVIステッカーにキーシリンダーなどのプリントをはじめ、テールランプの印刷も各部の配分を的確に実車を踏襲した仕上げ方がされているのにチェック。

リヤウイングは樹脂製のためボディと色あいが違って見えるのは時に難点となり得るかもしれませんが、ボディとステーとでいくらか空間が設けられてあります。

しかしガーニッシュ付きの金型がどうなったのかは分かりませんけど、その内ラリーカー仕様とか出すために別で用意してたりするんですかね?

https://i.imgur.com/lffMAqz.jpg

ハデなブリスターフェンダーにフォグランプ含めた充実のプリント量。フロント側で気になる事とすればバンパーが非対称になってないこと。

この時代からランエボはオフセットナンバープレートが採用されていったんですが、そのため左側のインテークは本来ステー部分となっており現実には存在しません。結果的に対称のバンパー形状になり、確かにコレもカッコいいけど現実味を出すならここは現車に則して欲しかったと思うところも。

でも仮にエボVIが対称バンパーだったらこんな感じになっていたのかもしれないですね

https://i.imgur.com/T67LEom.jpg

バンパーのこっち側だけに着いてるオイルクーラーダクトも表現。ダクト間の隙間と仕切りでそれぞれ配色されていて非常にディティールに凝った箇所となります。

なおヘッドライトのオレンジウインカーレンズも厳密には本来エボV若しくはマキエボで着いているもので、当のエボVIはクリア調。ただ現実でもこれら車種間で度々交換されているのを見かけるんでさほど気になることは無い・・・かも?

https://i.imgur.com/mgGf8VJ.jpg

シャシはそこそこのモールドが入っています。

https://i.imgur.com/CNSWA4U.jpg

純正ホイールとは多少雰囲気が異なりますが10スポークが装着。これが良い具合にチューンドなカンジを出しているのがいいですね。

https://i.imgur.com/sBRrQUD.jpg

パッケージはこちら。イラストだとロールバーも入ってる仕様のようで。

 

これ一つでエボVIの魅力をふんだんに味わえてしまうよ

https://i.imgur.com/TDoQXp9.jpg

とりあえず一個つまんどきゃまず間違いは無いと言うほどに、イヤっちゅうほどエボVIを味わえる製品となっています。それにしてもエボVIの登場によってインプレッサなどと組み合わせたラリーリバリーのラインアップ登場も更に現実味を帯びてきました。リアガーニッシュ付きの金型がどうなったのかは気になるところではありますが、どっちにしたって今後の楽しみがまた一つ増えてくれたことに変わりはないわけです。

つくづく国産の人気スポーツマシンをここぞとばかりにチョイスしてくるホットウィールは今ものすごい勢いとひたすらに実感されるばかりですね。

https://i.imgur.com/MEgZ2tm.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事も読みに来てくださると嬉しいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。