とある部長のミニカービガク

64スケールのミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】 MC64 1/64 - 2005 Mitsubishi Lancer Evolution IX (Red Metalic/Carbon Bonnet)

Sponsored Link

こんばんは、ぶちょうです。

今日もMC64のミニカーから、チューンドタイプのランエボIXをご紹介です。

https://i.imgur.com/X9iCJFq.jpg

それではマシンを見てみましょう。

昨日のラリーアートエボIXに対しコチラはカーボンボンネット化をはじめとした、

ライトチューンドな雰囲気を窺わせる設定が盛り込まれたモデルとなっております。

カタログ色に存在しないどちらかと言うとエボXのレッドメタリックに似たような、

オールペイントされたボディカラーがシャープな輪郭線を創り上げています。

https://i.imgur.com/ixPhMjy.jpg

色が暗くなった分ドア関係のモールドが見やすくなった事に加えて、

メタリック調カラーならではの発色の良さはこのモデルの大きな特長のひとつ。

ところどころから漂わせるストリートチックな仕上がりがカッコいいですね。

https://i.imgur.com/GgU90oY.jpg

ライトチューンド仕様のエボIXもテールランプはインナーがクリア化されたタイプ。

コチラの方がモデルの方向性上相性は良さそうに感じますね。

なお今回細かくまでは撮ってませんが内装の色が変更されており、

車両内部でも印象を残すような工夫が施されています。なぜかグレー色だけど。

https://i.imgur.com/sbsMGyK.jpg

INNOなどとは違いエンブレムは彩色ないしタンポ印刷による表現。

トランクのキー差込口にも色をつけてあるのは中々の拘りを見せてるように思います。

また、こっちのエボIXにもボルテックスジェネレータが装着。

https://i.imgur.com/PUUQQqa.jpg

カーボンボンネットによる見た目の影響は改めて大きい事を感じさせます。

アンダースポイラーはラリーアートと同じものが装備。

バンパー側面にオフセットされたナンバープレートはボディと同色となっています。

https://i.imgur.com/nCnJvUB.jpg

ボンネットの側には「The Spirit of Competition」のステッカー。

これは実際のエボのドレスアップでもちょくちょく見かけられるもので、

ミニカーでありながら現実味を出している節を感じさせます。

https://i.imgur.com/QoV1uFZ.jpg

https://i.imgur.com/IexE1FT.jpg

形状からして「Evolution R-01」をシルバーにしたものが装備されています。

ラリーアートロゴも無いシンプルなものですがスポーティーさが増した印象。

ブレーキディスクに彩色済キャリパーが非常に存在感があってイイですね。

https://i.imgur.com/DBy2Xri.jpg

https://i.imgur.com/23lR8VL.jpg

https://i.imgur.com/tOn0iAH.jpg

https://i.imgur.com/F9dOoY6.jpg

パッケージ3面図&台座はコチラ。

このモデルではネームプレートは無いですが生産数は同じく600pcs。

コチラもラリーアートエボと同じ所で2640円(税込)にて取り寄せました。

ラリーアートエボIXよりちょっと安い。

https://i.imgur.com/lNgyYGH.jpg

ストリートタイプのエボIX登場ってのも比較的モデルは出てる方ですが、

それらはアオシマのC-WESTエボIXないし現状入手する方法が少ない、

「Error404」というブランドがリリースしているVOLTEXエアロのエボVII&エボIX、

フルエアロ車が多数という状況の中にMC64が投じた純正ベースのチューン車は、

これらの中で見れば割に貴重な存在であることを想像させるでしょう。

あとはより手近な入手方法がマジで構築されてくれればと言ったところです。

https://i.imgur.com/1m2eVpz.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事もぜひ読みに来てくださるとうれしいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。