とある部長のミニカービガク

64スケールのミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【ツールレビュー】 ホームセンターで見つけたカッティングシートが優秀だった件。(アクリサンデー PPクラフトシート 黒)

Sponsored Link

こんにちは、ぶちょうです。

久しぶりに撮影機材を探して良さげなのを見つけてきたんで、今日はそちらのご紹介。

さてここ最近新しく撮影背景のアップグレードしたいなぁと思ってたところで、

用事先の近場にホームセンターがあったんでそこでしばらく探索をしておりました。

そんでもって今回筆者が見つけたツールはコチラ↓

https://i.imgur.com/GV6jrOV.jpg

https://i.imgur.com/GllAms6.jpg

アクリサンデー製「PPクラフトシート」になります。 名前のとおりシートです。

ポリプロピレンの材質である今回のシートですが、じゃあ元は何になるかって言えば、

書類をまとめるファイルとかで使われたりするヤツです。

外寸は写真の通り、結構大きめのものをチョイスしました。

(元々はもうちょい小さいの探してたけど今にしてみればこれで良かった)

税込価格680円にて入手。 結構手ごろな価格なのも〇。

それでは実際にファイルとかに使うモノが果たして機材に使えるのか? 

早速撮ってみました↓

https://i.imgur.com/y4RbZ3n.jpg

とりあえず普段のインプレと同じようなカットからパシャリ。

この時点でも割と見映えが出ていて初めて使ったときの印象はイイカンジ。

目立ちすぎないほどほどな写り込みもちょっとプレミアムな質感を与えています。

なんかコレ一つあるだけで十分楽しめそうなんだケド?

https://i.imgur.com/WtxNkKp.jpg

サイズが大きいがために撮れるアングルも増えました。

こういうモデルと距離を撮ったカットも出来れば・・・

https://i.imgur.com/mFLWA7I.jpg

複数台のマシンを置いて写真を撮る事も新たに可能に。

64スケールで見た場合5~6台あたりまでなら問題なく撮れそう。

今回ランエボでテストしてみてますがこういう歴代マシンで並べたりするのとかには、

かなり有効なツールとなりうるかもしれません。

https://i.imgur.com/HdPacMX.jpg

https://i.imgur.com/bc85R2m.jpg

お次はスポットライトを使っての撮影。

ここでも地面の写り込みを利用したカットを使うことが出来ます。

https://i.imgur.com/aURRTgB.jpg

背景にちょっと光を残してグラデーションを出してみても良さそうだし・・・

やっぱコレ単体でも運用性能は十分に高いレベル・・・・優秀です。

https://i.imgur.com/B0kS8qB.jpg

https://i.imgur.com/h4j4DES.jpg

しかし! このシートには更なる使い道があるのです!その一例を見てみましょう。

これは先日買った鏡を敷いて撮影してみたんですがこれがまたイイ。

何が言いたいかって、「他ツールとの組み合わせが非常にカンタン」ということ。

これまでで買った他のアイテムもそのまま組み込めるのはとてもありがたいのです。

https://i.imgur.com/ybQ5uvb.jpg

https://i.imgur.com/63x9rM4.jpg

ただし黒い背景の例に漏れず汚れが目立ちやすいのは難点。

実のとこ筆者も2~3枚撮るたびにクリーニングしてピカピカさをキープしてるもんで、

キレイにハウスダストとかを取り除けるアイテムがあると便利でしょう。

あとサイズが大きいのが多く部屋の広さを多少要求すること。

ここがクリア出来ればあとはツールの組み合わせしだいで、

色んなアングルでしかもキレイに撮影出来る非常に優秀なツールになってくれるハズ!

ネットでも筆者の入手した価格(送料は別途だけど)と大体同じで買えるようなんで、

撮影機材に困ったらコレの入手も一考かもしれません。

 

そんなワケで・・・

アクリサンデー PPクラフトシートの総評

メリット

  • サイズが大きく色んなアングルであそべる
  • ぶっちゃけコレ一つでも十分楽しめちゃう
  • 他のツールとの組み合わせがバツグンに良い
  • ツールがツールだけに部屋が一気にスタジオじみてカッコいい
  • 発送込みでも大体1000円ちょっとあれば入手可能なコスパの高さ
  • 様々な車種で撮影可能な高い適応力

デメリット

  • サイズが大きいがために部屋のスペースが多少無いと設置できない
  • 場合によっては置き場所もちょっと考えないといけない
  • 黒い背景ゆえに汚れが目立ちやすい
  • したがってクリーニング品も揃えておく必要アリ

 

と言ったところになりました。

https://i.imgur.com/FR46xJg.jpg

撮影後筆者の感想としては・・・メッチャ便利ツールでした!

置き場所についてはやっぱ筆者も現在考え中のものではありますけど、

それらデメリットを差し引いた上でもメリットがとにかくデカい。

当分はこのシートを使って撮影してることに違いないでしょう。

https://i.imgur.com/LWTRlpM.jpg

https://i.imgur.com/1seaY2K.jpg

そうそう今回ランエボばっかりでテストしちゃいましたけど、

レースカーやエキゾチックカーなど車種を問わずに使えるのもイイトコロですね。

色んなマシンをこのツールと共に撮ってみたいと思っている次第です。

そんなわけで今日のインプレはおわり、最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回の記事も読みに来てくださるとうれしいです。

このツールと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。