とある部長のミニカービガク

ミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】 Hobby JAPAN 1/64 Subaru Impreza WRX STi Version II (GC8/Active Red)

Sponsored Link

おはようございます、ぶちょうです。

今日もホビージャパンの製品より赤い前期GC8インプを見ていきましょう。

 タイプRAと差分化が図られた通常グレードのSTiバージョンII

https://i.imgur.com/gOfhiq6.jpg

基本的な造型はGC8ってカンジにまとめられてるのは前提としながら、

「アクティブレッド」という現車のカラーリングをモチーフにした、

この赤い前期GC8インプが持つ大きな特徴はルーフベンチレータが無いこと。

ちょっと前に競技グレードであるタイプRAのインプを紹介しましたが、

今回のGCインプは通常グレードということでコレが未装着。

https://i.imgur.com/kVWHYFU.jpg

良くも悪くもめったやたらに存在を目立たせていたルーフベンチレータが無い事で、

特にルーフが非常にスッキリした見映えを感覚に覚えるでしょう。

またタイプRAの実車ではついてないサイドとリヤのアンダースカートも、

通常グレードともなれば現車の雰囲気を更に表現する優秀なアイテムへ早変わり。

コンパクトながらもしっかり形を捉えられたサイドラインで良いスタイリングです。

 

※なおホイールは内容も一緒だし今回は割愛します。(詳しくはタイプRAの記事にて)

https://i.imgur.com/X2YxOKT.jpg

テールランプは赤いボディ色につき同化しがちになるのは仕方ないところ。

リヤビューの変更点としてはタイプRAのGC8にはあったステッカーが無く、

WRXステッカーの色あいも白に変わっている点が挙げられます。

ドアミラー鏡面の表現、塗分けの入った純正デュアルマフラー、

黒地のリヤアンダースカートと細かい着色にもフォーカスするべきポイントです。

https://i.imgur.com/unVJqzq.jpg

ボンネットダクト造型や前期型ならではの中央に隔ての入ったグリルのデザイン、

グリルの中央に着くエンブレムバッジも再現されてワンポイントを演出。

GC8のフロントビューがミニカーへもフィードバックされている事を感じさせます。

フォグランプカバーに書かれたロゴも白へ変わっている点も実車に準拠したもの。

https://i.imgur.com/1o2GLag.jpg

 ヘッドレンズの縦線表現に関しては他に類を見ないような細かさ。

これはぜひ他のメーカーもマネしてほしい部分ですね。

https://i.imgur.com/V1kqY8W.jpg

ルーフ側を撮ったところ。

ボンネットの両脇に着くエアダクトは印刷にて盛り込まれてあります。

https://i.imgur.com/m96udUj.jpg

ダッシュボードのセンターパネルの彫りや純正シートが成型。

シートのステッチ塗分けも加えられてくるとなお存在を明確に出来るように思います。

https://i.imgur.com/yu029y5.jpg

外箱3面と台座はコチラ。通常価格は2970円(税込)。

出来は十分、導入の決め手はルーフベンチレータの有無?

https://i.imgur.com/jMT6Ia6.jpg

コンパクトかつスマートな見映えを味わえた今回の前期GC8インプ。

タイプRAインプに用いられたルーフベンチレータが撤廃された事による影響も大きく、

通常と競技用どちらを導入するか(無論両方買うのが理想だけど)迷いどころとなる、

一つの目安にこのパーツの有無が関わってくることには違いないでしょう。

当ブログではタイプRAインプの方も既に記事で作成してあるので、

ぜひそれとも見比べして導入の参考になれればと思います。

https://i.imgur.com/GdfD9kC.jpg

今日のインプレは以上です、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事も読みに来てくださるとうれしいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ

 

それでは、また。