とある部長のミニカービガク

64スケールのミニカーの魅力を気ままに書き連ねるブログ

【モデルインプレッション】Auto World64 Chevrolet CORVETTE Z06(C6) Blue

こんにちは、ぶちょうです。

 

さて今回も新しい(?)というより、あまり情報の多くなかった

Auto Worldのミニカーにフォーカスを当ててみたいと思います。

 

Greenlightに並び高めのクオリティのモデルを展開するAuto World。

マイナーでクラシックなアメ車からモダンなマシンまで展開される、

その豊富なラインナップがメリットに挙げられます。

当方ではモダン系のアメ車に着目する形で、モデルを紹介したいと思います。

 まずは外箱・・今回は2面図です

https://i.imgur.com/y20oYk6.jpg

https://i.imgur.com/tia0d0A.jpg

今回紹介するZ06(ゼロロク)コルベット販売の前に、

Auto WorldはいくつかC6コルベットを用意していたことがあります。

その時点ではコレクションケースが付属してましたが、

今回のゼロロクではブリスターにマシン本体と保管用の紙箱になっております。

https://i.imgur.com/ge96dbW.jpg色あいがキレイですね! 全体的にピカピカした塗装でラメの入りも良い感じです。

C6コルベットになって全体的にスタイリッシュな形となりましたが、

そのスタイリングをミニカーにちゃんと表現してくれてますね。

https://i.imgur.com/5w09wXA.jpg

特徴的なボディラインは横から見てもしっかり映えます。

ただしドアミラーがこの手のモデルにしては装着されて無いのは気になるところ。

もうちょいタイヤのサイズが大きめで今の車高がキープ出来たらなお良しでした。https://i.imgur.com/dd8g0or.jpg

後ろの紹介・・・とここで、ん?と思った人もいると思います。 

本来C6コルのマフラーは4本出しが純正なんですが、このモデルを見てください、

大き目の2本出しマフラーになってるじゃあないですか!

ココが今回のゼロロク引っ掛けポイントで、過去に販売された

キャラウェイチューン仕様のモデル使いまわしで出しちゃってるんですよね。。

仮にもゼロロクでノーマル再現を目指した流れを

組み立てたならここら辺の再現もちゃんとしてほしかったものです。

https://i.imgur.com/L7Wljpt.jpg

引っ掛けポイントはさておき次はホイール。

メッキホイールでピカピカしていてボディのそれとマッチしています。

ゼロロクエンブレムも表現されているのもプラスポイントです。

https://i.imgur.com/Yiw3bIT.jpg

アメリカ系ミニカーはボンネットを開けれるギミックが付いてる事が多いんですが、

Auto Worldもその例に漏れずエンジンを覗くことが出来ます。

配色がほとんどされてないんで少し質素な内容ですが、彫り自体は悪くないです。

https://i.imgur.com/Ftaoppm.jpg

シャシの表現力が非常にイイ

前後のアクスルやマフラーまでしっかりつながった排気管、妙な拘りを感じます。

https://i.imgur.com/1YaU2Nn.jpg

今日の実車話はもちろんこのゼロロクコルベットについて。 

C6型になってこの期に及び最も軽量なコルベットとして

時代に反した珍しい進化を遂げたマシンとしても挙げられます。

https://i.imgur.com/ZmOzeZL.jpg

装着されるユニットはLS7、それ以前にはLS2やLS3ユニットが付いてました。

基本メカニズムは先代のC5型を踏襲し、そのまま改良を重ねたのがC6型。

そのため駆動系は5型の物をそのまま採用してあったり、

アメ車の特徴でもある流用の融通がとても利くことが随所に見えます。

https://i.imgur.com/GRAVtpV.jpg

(JETVETのプレートカッコイイ...!)

Z06と呼ばれるハイパフォーマンス仕様がのちに登場し、更に磨きをかけられた

6型コルベット。 前述のLS7500馬力級のパワーを手にし、それを受け止める

足廻りも一新して登場しました。 そしてこのハイパフォーマンスを越える、

正にエキゾチックカーに相応しいスペックを手にした「ZR1」へと、

C6型の進化は続いていきます。

ZR1のモデル化全然無いからそろそろ出してくれませんかねぇ。。w

https://i.imgur.com/f2DKDoJ.jpg

https://i.imgur.com/910f2Aa.jpg

そうそうコチラが今回のモデル流用元であるキャラウェイコルベットです。

ボンネットやダックテールに配色が入り印象がガラリ変わってますね。

そんなキャラウェイコルベットのマフラーがこの2本出し仕様なのです。

Auto Worldのゼロロクはまんま流用で作成したんですね。。w

実車の6コル、日本でも時々見かけますがやっぱ風格があってカッコいいですね。https://i.imgur.com/H2FNQiB.jpg

 今回のインプレは以上となります、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しずつ色んなミニカーのカテゴリが増えてきましたがどうでしょうか。

今後も気になるモデルがあったら紹介していく予定なので、

次回も読んで頂けるとうれしいです。

このミニカーと関連しているかもしれない記事はコチラ



 

それでは、また。